クレジットカード現金化をすると税金がかかるの?

クレジットカード現金化の税金はかかるの?

クレジットカード現金化して、余計な税金がかかったらどうしよう?

そんな不安を抱える人もいるかもしれません。重要なのはクレジットカード現金化をしても収入に結びつくことは珍しく、所得税の課税対象になることはほとんどないということです。

ただし、現金化の過程で商品の購入などが発生すれば、消費税の負担が発生する可能性が高くなります。後から課税されることがほとんどなくても、負担が発生することはあるのです。

所得税が求められることはほとんどない

クレジットカード現金化で収入があった場合、所得税がかかることはほとんどありません。理由は転売(せどり)などで利益を出さない限り、収支がマイナスになることが一般的だからです。

商品を購入して売却した場合、購入に利用したお金や手数料は経費として計上することが可能です。

所得税などが課税されるのは儲けの部分だけになるため、差し引きでマイナスになるか、プラスマイナスがゼロであればそもそも課税が発生しないことになります。

所得が事業所得に該当するかも重要になります。繰り返し、継続的に収入が発生するなど事業と認められる内容にならない限り、課税の対象から外れることが多いためです。

お金を儲けるとかかってしまうのが所得税ですが、クレジットカード現金化で課税される範囲の収入を得ることは難しいのが現実です。

クレジットカード現金化業者になった場合や、転売やせどりを専業にする人など、収益をあげる構造を作らなければ課税の対象からは外れます。

基礎控除などの税控除制度もあるため、一般的な利用方法で課税される心配はないことになります。

ただし、事業に利用するなどビジネスに関わっている場合は経費に計上できないかをしっかり調べるのがおすすめです。場合によっては節税に役立つケースもあるからです。

▼クレジットカード現金化は少額からでも可能です。

課税の対象になる場合は確定申告が必要

クレジットカードの現金化は、事業者でなければ課税の対象になること自体が稀です。しかし、事業者として収入を得ている場合は確定申告が必要なケースがでてきます。

確定申告はその年の所得を翌年3月15日までに申告する制度で、土日で税務署などが休みの場合は後ろずれします。

申告された所得を元に所得税が決まる仕組みになっていて、源泉徴収や年末調整などの制度を挟まない収入があった場合は申告の必要があるからです。

課税の対象になるのは事業収入で黒字が出た場合になります。確定申告には一定金額の控除枠があり、控除の範囲内であれば課税自体がされず、申告が不用になるケースもあります。

ただし、税金に関わる部分になるため赤字でも申告をした方が良い場合もあり、税理士などに相談の上、節税のために申告を行う人も多いのです。

一般的な企業に雇われている場合や、パートやアルバイトなどの収入があって源泉徴収をうけている場合は、年末調整をすれば税務の処理は不要になります。

副業などで収入が増えて申告が必要になる場合もありますが、クレジットカード現金化が事業に関わらない限り申告自体が不要になることがほとんどです。

別な見方をすれば事業に関わっている場合は申告が必要かどうかを確認することが大切になります。

税務によるトラブルで追徴課税などが発生することもありえるため、しっかりと申告し、過不足がないように納めることが大切です。

消費税が発生しやすいのは注意が必要

クレジットカード現金化で課税が発生する可能性は低く、多くの利用者には関係がない部分になります。しかし、消費税は発生することは多く、気がつかないうちに換金率に影響しているケースもあります。

クレジットカード現金化は商品などを購入して売却し、現金にするのが一般的です。

消費税がいつ発生するのか、誰が負担するのかを考えないと、気がつかないと自分が損をするということになりかねません。

金券などは影響を受けにくい範囲になりますが、家電やブランド品などの転売を行う場合は注意が必要になります。送料などの負担が発生する場合も、消費税がかかります。

換金率を意識する場合は負担を避けることも大切です。総合的に何がお得かを考えないと、他のクレジットカード現金化方法と比べて損をすることもありえます。

クレジットカード現金化は、どのようなサービスを利用するのか、どんなものを購入して売却するかで税の影響も変わるのです。

クレジットカード現金化業者は税の影響を受けにくい?

クレジットカード現金化を自力で行う人もいますが、より手軽なのが業者の利用です。

クレジットカード現金化業者はそれぞれが独自の手法で現金化を代行してくれるため、どのような方法で換金をすればいいのか調べる手間を省いてくれます。

自力で換金を目指すよりも換金率が高くなるケースも珍しくなく、現金化を急ぐ場合にもよく利用されます。

クレジットカード現金化業者を利用した場合、所得税が発生する可能性はほとんどありません。

これはクレジットカード現金業者の利用で手数料が発生するためです。現金化する際に儲けが発生しないため、所得税の影響を受けないことになります。

事業で利用する場合は経費に計上できる可能性があるため、節税のための組み込みが視野に入ります。

ただし、クレジットカード現金化業者のサイトなどで表示する換金率は消費税で変動する場合があります。

クレジットカード現金化は、より現金化の効率が良い方式に移る傾向があるのがポイントです。

取り扱う商品や手法の変更により、消費税の影響を受けることがあるのです。

その負担が利用者側にかかる場合もあるため、実際に現金化する場合は業者に確認するのがおすすめになります。

公式サイトの更新が行われず、最新の換金率が表示されていないケースもあるため、確認することが重要です。

他の業者と比較した上で問い合わせると換金率を上積みしてくれる業者も存在するため、比較した上で利用するのも方法になります。

税金を考えるならクレジットカード現金化業者の方が楽?

クレジットカード現金化で税金を考えるなら、クレジットカード現金化業者を利用した方が楽になります。

転売などで利益を出す人もいますが、安定して利益を出すことは難しく、かえって損をしてしまうケースもあるからです。

購入したものが売れずに完全に赤字になってしまう恐れもあります。オークションなどで儲ける人もいますが、安定して利益を出すことは難しいため注意が必要です。

現金化に時間がかかることも増えるため、スピード重視の場合もクレジットカード現金化業者の方が便利なことがあります。

個人で取引をした場合はお金の振り込みトラブルなどにも気を使う必要があります。手数料の節約をしようとしてSNSなどで取引を行い、お金が回収できずに困るケースもあるからです。

安全性を考えた上で現金化業者を利用するのは賢い選択になりえます。収益をあげようとするほどリスクや税が影響する可能性が高くなるのです。

クレジットカード現金化で余分な税がかかることはほとんどない

クレジットカード現金化は、事業などに組み込まない限り余分な税金がかかることはほとんどありません。

現金化と収入の増がイコールではないため、税金もかかりにくい仕組みになっているからです。仮に事業として取り組んでも、収益が出なければ課税の対象からは外れます。

新幹線の回数券や切手、金券を金券ショップで買取して貰う方法や、リサイクルショップなどで売却する場合は影響を受けにくいのもポイントです。

より手軽にクレジットカード現金化業者を使う場合も手数料の負担で赤字になることが多いため、余分な税がかかる心配はしなくても良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です