クレジットカード現金化の手数料とは?どれくらいかかるの?

クレジットカード現金化の手数料とは?どれくらいかかるの?

急に現金が必要になった、でも手元にない時に便利に利用できるのが、クレジットカード現金化です。

ショッピング枠を利用しての現金化なので、ローンを組むような面倒もありませんし、借金として記録に残ることもありません。

キャッシュバックスタイルでの現金化業者なら、安全に利用ができますね。

さていざ現金化と思った時に、現金化業者のサイトを見て気になるのは、もちろん換金率です。これが高いほうが、多くの現金が手に入るのです。

80%よりも90%の換金率のほうが、手元に来る現金は多くなるわけです。

しかしこの表に出ている換金率、そのまま鵜呑みには出来ません。業者への手数料などで、実際の換金率は下がってしまうこともあるのです。

この換金率以外の手数料とは一体何なのか、そしてどの程度が相場なのか、見ていって見ましょう。

業者への手数料は換金率での差額だけ?

業者への手数料は換金率での差額だけ?
もちろん業者の仕事でやっているのですから、例えば1万円の買い物のキャッシュバックが1万円では、商売になりません。

換金率というものがあるのですね。これがまず最初の、ある意味では手数料となります。この差額が、第一に業者の儲けになります。

低い換金率の業者の場合、ここでかなりの手数料をまずとっていることになります。

しかし換金率だけが手数料ではありません。この他にもいわゆる業者への手数料というものが発生します。

これをよく見ないで現金化を行うと、結果としての換金率が大幅に下がってしまうこともあるのです。

表に出ている換金率だけで業者を選ぶのは、止めておきたいものです。

業者が設定している手数料にはどんなものがある?

業者が設定している手数料にはどんなものがある?
では具体的に、どんな手数料が存在するのかを見てみましょう。意外と多いので驚く人も少なくないはずです。

商品の送料

クレジットカードの現金化の場合キャッシュバック方式でも買取方式でも、購入した商品が配送されてきます。その配送料が、手数料として入っている場合があります。

この配送料に関しては、業者によっても違いがあります。

また普通に配送業者を使っての配送なら、こちらにも見当がつきますが、業者自体の配送だとこれは利用者には見当がつきません。と言うか業者の1人儲けです。

業者の専門の配達であった場合でも、送料は多くても1000円から2000円です。それ以上の場合は、しっかりと問い詰めることをおすすめしたいです。

▼クレジットカード現金化を失敗しないためについて
クレジットカード現金化の失敗例とは クレジットカード現金化の失敗例と失敗しないための方法とは?

クレジットカード決済手数料

これは一般では馴染みがないので、意味不明となってしまうことが往々にしてあります。

クレジットカードを使って買い物をした場合、売り手はカード会社にこの決済手数料を支払います。

普通の買い物の場合には、買った当人にこの請求が来ることはありません。小規模なお店だと時に、カードだと値段がこうなりますと言われることも無いではありません。

決済手数料分、値段に上乗せということがあるんです。でもめったにあることではありません。

しかし現金化でキャッシュバック方式でやってもらった場合、クレジットカード端末は現金化業者が抱えています。

それでも現金化の場合これを業者が払うというのはまず無いことなんです。

利用者にその決済手数料を支払わせる、ということになり、その分の手数料が加算されるわけなのです。

振込手数料

これに関しては、もう仕方のない手数料というしかありません。現金化した金額を利用者の銀行に振り込むのに、手数料は必須です。

これに関しては、業者によっては一部の銀行に限って手数料無料となっている所もあります。詳細をよく読んで、できるだけ振込手数料の安い銀行を利用したいですね。

まあこの手数料の場合、数百円からせいぜい1000円程度ですので、もしあまり高いようなら業者に抗議する必要がありますね。

消費税

この消費税に関してですが、キャッシュバック方式の場合業者から品物を購入して、そのキャッシュバックを受けるということから、品物購入は必須です。

となった場合、その品物には消費税が加算されるということになります。

ちょっと考えてみるとわかるのですが、もし1万円の品を購入したとします。これが消費税をすでに含んでいた値段だとすると、実際の品物の値段は9100円程度です。

ということは、この9100円に換金率をかけることになるので、90%の換金率でも8200円程度の現金化になるわけです。

1万円のつもりで現金化したら、手に入るのは8200円でしかも、それに他の手数料がかかって結果手元に残るのは6000円程度、となることもあります。

この消費税については、かからないようになっている業者もあります。10%の消費税、これは大きいですね。計算に入れておく必要があります。

業者への手数料って相場はあるの?

業者への手数料って相場はあるの?
ではこれらの手数料、相場というものはあるのでしょうか。

実はこれ、無きに等しいのです。それぞれの業者によって設定されてしまうので、利用者はどの程度の手数料を支払わなくてはいけないのか、予め見極める必要があります。

ただあくまでも平均値として、商品の送料は最大でも2000円程度です。

決済手数料はカードブランドによって差がありますので、自分のカードの決済手数料を調べておくのがおすすめです。

振込手数料については、これはちょっと調べればわかりますし、振込手数料のかからない銀行で行うのがいいでしょう。

消費税については、これはその業者の手数料に入っているのかどうかを聞くのが一番です。

例えば1万円の現金化をするのなら、商品の値段が実際のところどうなのか、これを確認しておきたいですね。

▼少額でのクレジットカード現金化について
少額でも現金化できるのか? クレジットカード現金化は少額の1万円からでもできるのか?注意点とリスクも紹介!

業者の手数料がどうかかるのか知りたい時は

業者によっても手数料は違いますし、またこの手数料はないけどこっちはかかる、など結構面倒な違いもあります。

でも確認しておかないと、90%のはずの換金率が結果的には、たったの60%などということもあるのです。

これを防ぐ、優良な業者にと思ったら何より面倒がないのは、現金化の手続きの前にそれを聞くことなんです。

ホームページにも書いてありますが、小さな字だったり読むのの見落としがあったりすることもあります。

後になってしまったと思っても、明記されていますと言われたら、もうそれまでです。

なので、現金化の前に電話やメールで手数料について聞いてしまいましょう。金額はともかく、何と何の手数料が別に掛かるのか支払うのか、聞いておくのです。

各手数料の金額も、できれば聞いておきたいところですが、最低どの手数料が別途必要になるのか支払うのか、これがわかれば概算として金額も出せますね。

最も簡単な質問の仕方としては、「利用金額が10万円なら90%の換金率です」と言われた時に「では9万円入金されるんですね」と言った感じです。

こうなると流石に、業者側もある程度正確なところを言うしかなくなりますので、おすすめです。

換金率が低く見えても

いくつかの業者の場合、こういった手数料が全て無料もしくは、一部無料のところがあります。

そうした業者の場合、表に出ている換金率については、結構低いところが多いです。80%とか言うところが多いですね。

なのでこの換金率、特に表に出ているものだけ見て現金化するのは、かなり損する可能性があるということです。

換金率だけでなく、どの手数料がどの程度取られてしまうのか知る、これが最も業者選びで気をつけたいことなのです。

サイトを良く見てみると、実質手数料無料とか、消費税のみ利用者負担などと書かれている現金化サイトがあります。

こうしたサイトの場合、換金率以外の手数料はある程度無料だと思っていいですね。後はどの手数料を支払う必要があるのかを、確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です