新幹線の回数券でクレジットカード現金化はできるのか?換金率は高いの?

新幹線の回数券をクレジットカード現金化できるのか?

新幹線の回数券を使ったクレジットカード現金化は、クレジットカード会社にバレやすい方法として知られています。

新幹線の回数券は実用性が高く、金券ショップなどでも高額で取引されます。クレジットカード現金化に使われてきた歴史も長く、不正に使われやすいアイテムとしてメジャーになってしまったのです。

しかし、クレジットカード会社も新幹線を運用するJRも不正利用には敏感です。それぞれに安易に新幹線の回数券を安易に現金に変えられないような仕組みづくりをしているのです。

新幹線の回数券を使った現金化はリスクを伴うことを知っておく必要があります。

新幹線の回数券はクレジットカード現金化のメジャーアイテム

新幹線の回数券は非常に実用性が高く、クレジットカードで購入して売却しても目減りが少ないアイテムとして知られています。

換金性が非常に高く、クレジットカードで購入できることからギフト券よりも使い勝手がよいケースがあります。

そのため、クレジットカードの普及とともにメジャーな現金化のアイテムとして知られるようになってしまい、不正対策も進んだ面があるのです。

そもそもクレジットカードはショッピングのために用意されたものであり、現金化は想定していないのがポイントです。発行時の規約にも現金化などを禁止する内容が含まれています。

現金化を許してしまうと、現金化に利用された手数料だけ利用者の手元に残る金額が少なくなり、返済能力が低下してしまいます。

クレジットカードを無理やり作らせて現金化させた上で破産させるといった不法行為などに使われる恐れもあり、クレジットカードの現金化自体を禁止しているのです。

新幹線の回数券は確かにクレジットカードで購入できます。一方で、現金化がしやすいアイテムであることはクレジットカード会社も販売するJR側も把握しています。

そのため、クレジットカード会社は回数券購入後に一時的にクレジットカードを停止させ、どのような目的で回数券を購入したか確認するケースがあるのです。明らかに不信な購入の仕方をした場合は即座にカードが停止されることもありえます。

JR側もクレジットカード会社を通して返金するようにするなど工夫がされているため、安易な現金化はできないのです。

クレジットカード現金化がばれたら強制解約の上一括で返済が必要になる

クレジットカード現金化は重大な規約違反になります。そのため、実際に現金化がばれた場合は強制的にクレジットカードが解約された上、一括でクレジットカードの残高の支払いを求められる場合があります。

支払いができない場合は手続きをすることで分割になることもありますが、手続きをしなければ強制的に資産が差し押さえられる可能性もあるのです。

裁判などになる可能性もあるため、もしバレる様な事があれば早めにクレジットカード会社に謝罪の上支払いの相談をすること、そもそも利用しないようにすることが基本になります。

ただし、クレジットカードの強制解約自体は避けられないため、バレた際のリスクはしっかりと知っておく必要があります。

また、新幹線の回数券は現金化がしやすいだけでなく、ビジネス目的など限られた範囲でなければ生かしきれないことが多いのもポイントです。

クレジットカード会社に不信な目で見られやすいため、現金化目的ではなくても利用目的の確認の連絡が入る場合もありえるのです。

紛失したクレジットカードが拾われ、何者かが自動券売機で回数券を発行するようなこともありえるため、セキュリティの都合上確認が入る可能性があることにも理解が必要になります。

クレジットカード現金化の仕組みはこちらから
⇒『クレジットカードの現金化の仕組みを利用前に知っておきたい!メリットやデメリットは?

繰り返しの購入や常に支払いに余裕がない場合は疑われやすい

新幹線の回数券の購入も、疑われる場合とそうでない場合があります。たとえば、日ごろから新幹線を利用していて、何度も同じ場所に出かけたクレジットカードの買い物履歴があったとします。

この場合はお気に入りの場所への旅行や、ビジネス目的で訪れる可能性が高くなります。訪れるスパンが短ければ回数券を購入しても不思議ではなく、疑われるリスクが減るのです。

一方で、脈絡もなく長距離の新幹線回数券を購入した場合はどうでしょうか。新幹線の回数券にも使用期限があります。実家への帰省で家族と回数券を分け合ったといった想定ができる場合は別として、不信さが目立てば確認せざるをえないのです。

繰り返し新幹線の回数券を購入した場合も同様です。短期間に連続して購入した場合や、行き先がバラバラである場合は余計に不信な購入に見えます。自元発着の新幹線の回数券でない場合も同様です。

一旦カードを停止して利用目的を確認するのにも問題がなく、確認時に換金目的だったといえばその時点で利用規約違反が判明します。旅行のためなどと嘘をついてその場をしのいだとしても、嘘をついたのがバレれば責任も重くなるのもポイントです。

実際に旅行をするのであれば旅行先でカードを使わないのが不信に思われるかもしれません。クレジットカード会社はカードの使用歴をチェックできるため、買い物の履歴から話の信憑性をチェックすることも可能なのです。

常に支払いに余裕がない生活をしている場合も疑われやすくなります。クレジットカードや消費者金融への返済が滞りそうになり、新幹線の回数券でクレジットカードを現金化することは珍しい行動ではないからです。

複数のクレジットカード会社から借入がある場合や、常に限度額一杯の買い物をしている場合は疑われるリスクも高まります。

条件が重なれば、新幹線回数券の購入の時点で現金化を疑われてしまうのです。

▼クレジットカード現金化をやると自己破産できなくなる?
債務整理と個人再生ができなくなるの? クレジットカード現金化をすると自己破産・任意整理・個人再生ができなくなるって本当?

それでも新幹線の回数券の買取は高い

クレジットカード現金化に新幹線の回数券を利用するリスクは高く、条件が重なればすぐにカード停止されて確認の連絡が来る可能性もあります。まったく連絡がこない可能性もあるものの、問題がある行為であることに理解が必要です。

一方で、新幹線回数券の買取価格は非常に高く、金券ショップで高額取引されているのもポイントになってきます。重要なのは、やむを得ない事情で回数券が使えない場合もあるという点です。

新幹線の回数券を使えない場合は、JRに払い戻して貰うのが一般的です。しかし、クレジットカード現金化の不正対策のため、購入窓口でしか払い戻しの手続きができないケースがあります。

頻繁に旅行にでていて、旅行先で購入したものなどは払い戻しに行くのも難しい場合がでてくるのです。

払い戻しの手続きはクレジットカード会社を通すため、すぐに現金が必要な場合は金券ショップに売った方がよい場合もでてきます。新しく回数券を購入しなければ別な予定に間に合わない場合もあります。

出張や旅行のキャンセルがあった場合はやむを得ない事情です。友人と一緒に行くためにまとめて購入しても、コンサートが中止になってやむを得ず金券ショップに駆け込むようなケースもありえます。

やむをえないケースがあること、クレジットカード会社から確認の連絡がかかってきた時もしっかりと理由を述べられること、内容に不信がないことは重要です。そもそも新幹線の回数券を実際に金券ショップに売ったかはクレジットカード会社側では確認が取れません。

ただし、回数を重ねれば疑われ、トラブルになる確率も高くなるのは事実です。

まとめ

新幹線の回数券の買取率は高いものであれば95%近くまで達します。疑われるリスクが高いことや、ばら売りでは買取できない回数券があることも理解する必要があります。

魅力的に見えても、新幹線回数券を使ったクレジットカード現金化は避けて専門業者を頼るなど、工夫が必要なのです。

▼おすすめの記事はこちら
クレジットカード現金化を疑われたときの対処法 クレジットカード現金化を疑われたときの対策!カードが利用停止になる可能性も!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です