ロイヤルゲートの口コミ評判!クレカ現金化の換金率や営業時間は?

ロイヤルゲートの口コミ評判

クレジットカード現金化はキャッシングのような面倒な手続きが必要なく手軽に現金を調達することが出来ますが、クレジットカードの現金化はまとまった額からというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードの現金化はお手軽なうえに少額の現金化にも対応しているからこそ、現在のようなクレジットカード現金化の人気となっているのです。

少額の現金化には2つの方法があり一つは現金化の王道である現金化業者に依頼するというものと、もう一つは少額であるからこそ可能となる自分で現金化する方法というものがあります。

どちらの方法でも安全安心な現金化が可能ですから、自分の希望に合った方法を選択して満足できる現金化をしましょう。

少額の現金化方法

少額の現金化には2種類の方法があり、どちらも簡単にクレジットカードの現金化が可能です。

現金化業者を利用する

現金化業者の中には最低利用額が1万円という業者も多数存在しますから、一万円から申し込みのできる業者を探してネットか電話で申し込みするだけで早ければ30分以内に現金を手にすることができます。

収入を証明する書類も保証人も必要なく、免許証や保険証などの身分証明書とクレジットカードのショッピング枠に利用可能額があればその金額以内での利用が可能です。

ネット申し込みであれば簡単なフォームに必要事項を記入して、現金化業者からの連絡を受け換金率や手数料、入金までの時間などを確認したあと指定の商品をクレジットカード決済で購入し決済が確認されると銀行口座にお金が振り込まれるというシステムになっています。

自己調達する

自分で現金化を行う場合は新幹線の回数券や商品券、ギフトカードなどを購入して現金化することが定番でしたが、アマゾンギフト券が発売されてから手軽さや高換金率から人気となっており、ネット上で購入可能な電子タイプのギフト券として1万円から5万円の金額で販売されているのです。

アマゾンギフト券の人気から買い取り業者も数多く存在し、即日振込や買い取り価格が額面の90%などのサービスが充実した買い取り業者もあり、換金率が65%から75%の現金化業者よりもお得に利用することができる場合もあります。

以前は個人での現金化は時間がかかることがデメリットの一つでしたが、今ではそのデメリットは完全に解消されているのです。

現金化業者を利用する場合の注意点

現金化業者選びのコツ

現金化といえば現金化業者に依頼してやってもらうというのが定番、どこでもいっしょのようなものだから適当に選ぶという事では後悔することになりかねませんから、最低でも優良業者の紹介やランキングのサイトを調べていくつかの業者を比較検討することが必要です。

クレジットカードの現金化は人気があり需要が増えるにしたがって現金化業者も増えていますから、中にはサービスレベルの低い業者も存在し本来得られたはずの金額が手に入らないというケースも存在します。

現金化業者の増加に伴い業者をランク付けしたりオススメの業者を紹介するサイトも増えましたが、明らかに口コミなどで評判の悪い現金化業者を優良業者であるとして紹介している悪質サイトもありますから、現金化業者を数社に絞る段階で信用できるサイトかどうかの確認のために自分でも口コミをチェックしてみることも必要でしょう。

優良業者を選定する時に注意したいのは現金化業者の中には1万円では取扱してもらえず3万円からという業者もありますから、少額の現金化の時は公式サイトの換金率表や電話確認で1万円からでも申し込めるのかを確認しておく必要があります。

チェックポイント

万単位での金額申し込みしかできない現金化業者もあれば千円単位で金額申し込みができる現金化業者もありますから、少額現金化で千円単位の金額で取引を希望する場合は千円単位で申し込み可能な現金化業者を選びましょう。

クレジットカード現金化では利用金額が高額であるほど換金率も高くなり、ホームページに記載されている換金率は高額利用した場合の最高換金率ですから1万から3万円の少額の現金化での換金率の相場は70%前後となっており、相場に見合った換金率を提示してくれる現金化業者を選ぶことが必要です。

低すぎる換金率はもちろん高すぎる換金率の業者は避けるようにします。
高すぎる換金率を提示している業者は、別途手数料が必要で入金される金額は換金率よりも少ない額になってしまうというケースが見受けられるのです。

現金化業者には実際に振り込まれる金額を確認するようにしましょう。

自己調達する場合の注意点

時間がかかる場合がある

アマゾンギフト券の買い取り業者の換金率は初回の利用時には高くなるサービスがありますから、9割程度の換金率が期待できますが現金化業者を利用した場合よりも時間がかかる可能性があります。

買い取り業者は買い取ったアマゾンギフト券をマッチングサイトというオークションに出品するのですが、通常は出品することに慣れているため落札も早い場合が多いとはいえ夜間である場合には落札に時間がかかってしまう可能性があるのです。

現金化を急いでいる場合には、申し込みの時にどのくらい時間がかかるのか確認してから利用するかどうかを決めましょう。

アマゾンギフト券の現金化はアマゾンの規約上では禁止されていますから、新規のアカウントや新しく登録したクレジットカードでアマゾンギフト券を購入しようとする場合には制限がありますし、購入額が多いとアマゾンや信販会社から問い合わせを受けることがありますが、少額であれば現金化を疑われることはないので問題ありません。

現金化業者と同じくアマゾンギフト券買い取り業者も数多く存在しますから優良店を見極めるためには、優良店の紹介サイトなどを複数調べて自分でも実際に口コミを確認するなどの手間を惜しまずに買い取り業者選びをすることが大切です。

利用停止のリスク

現金化業者による現金化は決済代行業者を通して行われるためクレジットカード会社に現金化を疑われて利用停止というリスクが全くありませんが、個人で現金化を行う場合には不審な取引とみなされた場合に利用停止になるリスクがあります。

不審な取引とは換金性の高い商品の高額購入や普段の利用額とは異なる高額利用ですが、このよう利用の仕方は現金化目的の利用とみなされ利用停止の手続きが取られてしまう可能性があるのです。

少額の利用であれば利用停止のリスクはほとんどないといってもいいですから、個人で現金化を行うのは少額にとどめておくことが必要でしょう。

まとめ

クレジットカード現金化は利用停止のリスクが100%ない安全な現金化業者の利用がオススメですが、どちらの方法をとるにせよクレジット決済の支払い方法はリボ払いではなく1回払いを選ぶようにしましょう。

高換金率で現金化できても、クレジットカードのリボ払いや分割払いの手数料を取られてしまったのでは意味がありませんから、少額利用のメリットともいえる一括支払い可能であることを生かして一回で返してしまうのが得策といえます。

現金化業者とアマゾンギフト券買い取り業者のどちらを利用するとしても、現金化を急ぐのであれば事前に楽天銀行やジャパンネット銀行の口座を作っておくと良いでしょう。

どちらの業者も平日の夜間や土日の振り込みに対応している所はたいていこの二つの銀行の口座を持っていますから、スピーディーな振り込みが期待できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です