メルペイ後払いと現金化とは?どんな特徴やメリット・デメリットがある?

メルペイ後払いの現金化

現金化はすぐに現金が必要という人などにも注目されており、急いで現金を得たいという人などに注目されています。

この現金化をメルペイのあと払いサービスを利用すると行うことが可能になるといわれているのです。

そこで、メルペイあと払いと現金化についてこれからご紹介してみたいと思います。

メルペイあと払いとは?

メルペイ後払いは、買い物をしたいけれどもお金がないといった場合などに後で支払いができるメルカリで用いられているサービスで、今月の購入代金を翌月にまとめて支払いできるというサービスになります。

メルカリでのショッピングや、メルカリ以外のショップやコンビニなど、全国のメルペイが使用できるショップでの支払いに利用することができるのです。

買いたいけどお金がないという方などに注目されているサービスで、今月購入したものを来月に支払うということなので、来月支払いできるのです。そのため、便利な支払いサービスと考えられています。

メルペイあと払いのメリットと現金化

現金がなくても買い物ができる後払い決済は、お店側にとってもユーザー側にとっても効率的な決済手段で、具体的には利用料金の支払いを利用月の翌月末までに、コンビニやATM、銀行口座振替やメルペイ残高で清算するという形で決済できますので、現金やクレカがなくても買い物できる便利なサービスです。

現金化はクレカのショッピング枠を用いてショッピングを行い、それをもとにして現金を得るという方法ですがカードがなくても現金が得られるということで注目されているのがメルペイのあと払い現金化といわれています。

メルペイ後払いで現金化するメリットとして他にも挙げられる点が金利がかからないという点です。

メルペイ後払いの支払い期限は翌月末になります。このことは、延滞しない限りは利息がかからないということを意味しており、利用した日にちが月初めに近ければ2ヶ月近く支払いをしなくてもいい状態といえます。

この間に利息などは発生しませんので、この点はメリットになるのです。そして、急に一時的にお金が必要になったという場合などはこのサービスは使い勝手が良いといえます。

さらに、こうした形で現金化を図る場合、借り入れをしているというわけではありませんので心理的な負担感も軽いと感じる方もいらっしゃるといえます。

また、自身の都合で支払えるという点もこのサービスのメリットとして挙げられるでしょう。

例えば、コンビニで支払う場合やメルペイ残高で支払う時には、翌月末までといった支払期限が設けられているのですが、具体的な支払日は指定されません。

月末が支払期限ですが、それより前に支払いしてもいいですし、月末に支払ってもよいのです。そのため、自身の都合に合わせて支払いをすることができます。このような自由度があるという点がメルペイのあと払いのメリットです。

このようなメリットがある支払い方法ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。そこで、次にデメリットについてご紹介してみたいと思います。

メルペイあと払いの現金化にはデメリットもある

メルペイあと払いの現金化は、便利に現金を得られるという方法で、今現金がないけどs買い物したいといった場合には便利な方法というメリットがありますが、同時にデメリットもあるのです。

メルペイあと払いの現金化のデメリットとして挙げられるのが、換金率が悪いという点です。これはこの支払方法による現金化の最大のデメリットともいえます。

つまり、換金率が良いアイテムはなかなか購入しにくいようになっているといわれています。

換金率の高いような商品とは何かというと、一般的に金券やギフト券などが挙げられるといわれますが、この方法であればこのような商品は現金化できないのです。

直接メルペイでの金券類の購入はできませんし、金券類を購入可能な他の電子マネーへのチャージには使うことができないようになっているのです。

したがって、もともとの金額に近い額で現金化をするということは難しいのです。換金率が悪ければ損するということになりますので、この点がこの方法による現金化の最大のデメリットと考えられているのです。

さらに、支払方法が一回払いしか選ばないという点もデメリットとして挙げられるといえます。

この支払方法は、支払いを後するだけですので、何か収入を得る方法がないといった場合は利用しにくいといわれています。

ただ、その後は分割払いができるようになるといった発表などがあり、支払い方法がより柔軟に選択可能になるといわれています。

もし分割払いでの支払いができるなら、換金率は悪いとしても現金化に利用するメリットは幅広くなるといえます。

さらに、デメリットとしてメルカリを利用しなければ意味がないということが挙げられています。メルペイ後払いはメルカリの利用状況に応じて与信という点が決められるといわれていますので、メルカリを利用しない場合は信枠も上がらないのです。

もしもこれまでメルカリを利用したことがないという場合であれば、現金化を目的にメルペイの利用をはじめたとしても後払いサービスが利用できず、この場合にデメリットが生じるといえます。

加えて、支払方法によっては手数料がかかってしまうという点も挙げられます。利息はかからないのがメリットになっていますが、支払方法によっては手数料がかかってしまうことがあるのです。

例えば、コンビニ・ATM払いや口座振替を選ぶと300円の手数料がかかります。それに対して、残高からの支払いとするなら手数料も無料になるのです。

メルペイあと払い現金化のデメリットとして挙げられる点として、後払いなので支払いがあり、それが翌月の支払期限となるという点も挙げられるでしょう。

数ヶ月くらい後でもいいというわけではなく、あと払いでショッピングした代金はこの支払方法を用いた翌月の末日が支払期限となりますので、きちんと書くにしておく必要があります。

例えば、7月1日にメルペイあと払いで決済をした時には、その支払いは翌月の8月31日が支払期限になります。

7月20日に利用しても、8月31日が支払期限になります。このような特徴がありますので、メルペイあと払いの支払いをできるだけ後にしたいという場合には、月始めに利用するとより遅くできるといえます。

また、この支払方法のデメリットとして、現金化をする場合即日にするのは難しいという点が挙げられます。この点については以前であればその日中に現金化が可能であったといわれています。

というのはモバイルスイカを用いた形でメルペイあと払いを即日現金化可能だったのです。

しかし、現在はモバイルスイカにチャージを行うことができないため、メルペイあと払いで現金化を行う時は3日くらいから1週間くらい時間がかかるということなのです。

したがって、急いでいるという場合にはこの点は注意点になるでしょう。急いでいてもすぐに現金化をすることは難しいため、そのような場合はほかの方法で現金を得るということになります。

メルペイあと払いを効率的に現金化する方法とは?

メルペイあと払いで効率的に現金化する方法についてはどのような方法があるのでしょうか?

この点については、シンプルな方法で可能といわれており、メルペイあと払いを用いて、換金性が高い商品を購入してそれをほかの人に売るということになるのです。

したがって、複雑なプロセスではなく、シンプルな形で現金化を図ることが可能ということです。

ただ、購入アイテムによってどれくらいの価格で売ることができるのかという点は異なっていますので、そうした点を事前に納得した上で現金化を図るということがポイントといえます。

また、換金する時に必要となる手間が増えるということもありますので、事前にいろいろと情報集めを行ってから行う方がよいでしょう。

具体的な流れとして、まずメルペイあと払いを用いてメルカリの換金性の高いアイテムを購入します。そして、それを買取ショップなどに買取してもらうという流れになります。

どうやってメルペイあと払い決済サービスを了することができる?

メルペイあと払いを利用するためには、まずはメルペイあと払いに登録する必要があります。

登録する時には、メルカリアプリからメルペイを選んで、本人の確認、そして、銀行口座登録を行うという方法になっているといわれています。その後でメルカリの審査に通過するとメルペイあと払いが使用できるようになります。

そして、メルカリで換金性が高い商品を購入します。購入商品によって換金率は違ってくることになるため、できるだけ高値で買取りしてもらえるようなアイテムを選ぶということがポイントになるのです。

その後は、そのアイテムを買取ショップなどに送って買取してもらい、買取り代金を振り込みしてもらうという流れです。

商品を買取してもらう買取ショップについては、実店舗で営業しているショップやネット上で営業しているショップなどがあります。

実店舗で営業しているショップの場合、買取りをしてもらう時にはそのショップを訪れて買取りしてもらうことになりますので、ショップに持ち込みをする手間や交通費などもかかる場合もあります。

それに対して、ネット上で営業しているショップの中には商品をショップに送るときの郵送代などが無料になっているところもあります。

どれくらいで買取りしてもらえそうかを事前に確認し、他に手数料などは必要ないかといった点をチェックしてから選ぶのがポイントです。

まとめ

メルペイあと払いの現金化は、買取ショップによっては一般的な相場よりもずっと低い買取り金額が提示される場合もありますので、できるだけ高い価格で買取りしてもらえるショップに買取してもらうことがおすすめです。

いろいろと調べて、少しでも効率的に現金を得られる方法を工夫することがポイントです。

自分で現金化する方法一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です