LINE Pay(ラインペイ)を現金化する方法はLINEアプリの契約内容により選択肢が変わる

LINEPayの現金化のやり方

LINE Payを使っていると思わずチャージしすぎて財布の中身が寂しいと感じたことがある人がいるはずです。

では、いざという時にLINE Payを使って現金化する方法が複数あることを知っていたら、どれほど便利でしょうか。

LINE Payを現金化する際には3つの点を先にチェックしよう

LINE Payを使った現金化は、現金をどのような手段で受け取るかという点で複数の選択肢があります。

LINE Payを使っている人の中には、LINE株式会社が用意した全ての手続を完了させた上で使用している人ばかりとは限りません。

LINE Payを現金化する方法は、どのようなLINE Pay契約状況にあるのかという点により取りうる選択肢が絞り込まれるわけです。

主に次の3つの点を最初にチェックした上でLINE Payを現金化する方法としてどの手段が適しているのか見極める必要があります。

  1. LINE Payの本人確認が済んでいる
  2. LINE Payカードを発行している
  3. 220円以上の手数料を要しても構わないか

上記の3つのチェックポイントは、LINE Payを現金化する際に前提手続きを行う必要があるかどうかを決めるものであって、次のような違いがあります。

  1. LINE Payの本人確認が済んでいればLINE Pay残高を自分名義の口座へ払い出し出来る
  2. LINE Payカードを発行済みならセブン銀行ATMですぐに払い出し出来る
  3. 220円以上の手数料が掛かっても構わなければJCBカードの現金化と同じ方法で現金化業者へ依頼出来る
具体的な方法については、次のようになります。

LINE Pay残高を登録した自分名義の口座へ払い出して現金化

LINE Pay残高を登録した自分名義の口座へ払い戻して現金化をすれば、平日9:00~15:00の間に限り現金振込形式でLINE Pay残高の現金化が可能です。

前提条件としてLINEアプリで自分名義の銀行口座を登録し、本人確認手続きまで済ませておく必要があります。

年齢確認とは異なり、本人確認書類を提出して認証を受ける必要があるので、本人確認手続きが完了するまでは自分名義の銀行口座へ払い出し手続きを行うことが出来ません。

メリットとしては、LINE Payカードを発行していなくても登録済みの自分名義口座経由で出金出来るので、普段はキャッシュレス化していてもいざという時にキャッシュカードとスマートフォンさえ持っていれば現金化出来るという点です。

LINE Pay残高を現金化する手順は、LINEアプリ上でウォレット→LINE Pay→設定→出金と順にスマートフォン上でタップし、登録済みの銀行口座を選択して送金金額を入力するだけと至ってシンプルです。

LINEアプリは不定期にアップデートが行われ、iPhone版とAndroid版でメニュー画面の一部に相違があるので、事前に出金手続き方法はチェックしておくと慌てずに済みます。

LINE Pay残高さえ十分にある状態ならば、自分名義の口座へ出金手続きを行うことで現金化可能です。

しかし、必ずしも出金手続きがすぐに銀行口座へ反映されるわけではなく、次のような条件が付いています。

  1. 銀行口座出金時に220円の手数料が必要
  2. 利用可能時間は平日9:00~15:00迄限定
  3. 出勤可能額は1日につき100,000円を上限とする
上記3つの制限付きで銀行口座への出金手続きが出来ることを把握しておけば、曜日と時間帯により現金化手段として最も手数料が少ない方法として採用可能です。

LINE Pay残高はLINEアプリ上のウォレット欄からいつでも確認出来るので、100,000円以内の現金化ならば平日9:00~15:00迄に限りわずか220円という手数料のみで出金手続きが出来ます。

余裕を持って14:45頃までに行っておくことが望ましいですが、合わせて出勤可能な銀行口座についてはLINEアプリ上から事前に確認しておくと慌てる心配がありません。

LINE Payから出金可能な銀行口座は本人名義に限定されるだけでなく、LINEアプリ上から線高く可能な対応銀行のみとなっている点に注意が必要です。

セブン銀行ATMにてLINE Payカードを使って現金化

銀行口座への出金によるLINE Payの現金化は、平日昼間の銀行営業時間帯にしか使用出来ない点に注意が必要です。

銀行口座をLINEアプリと連携することにより普段から銀行口座チャージを利用しているならば、いざという時のためにLINE Payカードを発行しておくと良いと考えられます。

なぜなら、LINE PayカードはLINE Pay残高と連動してQRコード決済に未対応の店舗でJCB対応店ならば、クレジットカード決済の支払い方法を経由して買い物が出来るからです。

いざ現金が必要となった時に財布へLINE Payカードを用意しておけば、クレジットカードの代わりとしてJCB加盟店ならばそのまま使えます。

しかし、どうしても現金しか使えない場所へ行く時には、全国2万店以上あるセブンイレブンに設置されているセブン銀行へLINE Payカードを持ち込むと良いです。

LINE Payカードをセブン銀行ATMのカード入り口へ挿入すると、画面上に入金・出金という項目が表示されるので、出金を選ぶことで最大10,000円までの現金を引き出すことが出来ます。

銀行口座への出金と比較すると、現金化出来る金額が1/10と少ないものの24時間いつでも出金出来るという点が最大のメリットです。

LINE Payカードには暗証番号が設定されているので、キャッシュカード同様に出金時に暗証番号入力が必要となりますが、普段からキャッシュカードを使い慣れていれば難しくありません。

手数料として220円掛かりますが、日付をまたげば更に10,000円出金出来るようになるので日付が変わるタイミングであれば2回に分けて出金可能です。

セブン銀行ATMとスマートフォンを操作して現金化

また、LINE Payカードはまだ発行していないけれども、どうしても10,000円以内の現金化を行いたい場合にはセブン銀行ATMならばやや手続きは煩雑になるものの可能です。

  1. LINEアプリ上でウォレット→LINE Pay→設定→出金と順にタップする
  2. 出金先口座画面でセブン銀行ATMを選択する
  3. 注意事項に同意してスマートフォン出金・入金をタップする
  4. セブン銀行ATMを操作して出金手続き用のQRコードを表示させる
  5. スマートフォンにてセブン銀行ATM画面上のQRコードを読み取る
  6. 企業番号とワンタイムパスワードが発行されたらセブン銀行のATMへ手入力する
  7. 出金額を指定して確定ボタンを押せばその場でセブン銀行ATMから現金を引き出せる
上記の7ステップをLINE Payカードならばキャッシュカードにて現金を引き出す感覚で使えるからこそ、まだ発行していなければ発行しておいて損はありません。

LINE Payで商品を購入して買取店へ持ち込み現金化

銀行口座への出金ならば1日あたり最大100,000円の出金が可能であって、LINE Payカード経由ならば1日あたり10,000円の現金化が220円という手数料のみで行なえます。

しかし、100,000円を超える現金化を行いたい場合100,000円未満であってもLINE Payで本人確認をしたくない場合ならば、LINE Payで換金率が高い商品を購入して買取店へ持ち込み現金化する方法があります。

LINE Payはクレジットカードでは無いために、LINE Payカードさえ発行していればJCBカードにて購入出来る商品の大半を購入可能です。

一度換金率が高い商品を購入して買取店へ持ち込み現金化を行えば、査定額と決済額の差額分だけ損することにはなるもののLINE Payの現金化を達成出来ます。

クレジットカードの現金化とは異なり、LINE Payはあくまでもプリペイド方式となるために購入商品を買取店へ持ち込んでも特に不正利用をチェックしてLINE Payでの支払いを止められる可能性はほとんどありません。

LINE PayカードをJCBカードとして現金化業者に依頼する

LINE Payカードを発行済みならば、セブン銀行ATMにて1日につき10,000円までの出金手続きを220円の手数料を支払うことにより24時間いつでも可能です。

しかし、LINE Payの現金化をまとめて一気に行いたいと考えていて、急いで現金化しなければならない状況ならば現金化業者を使うしかありません。

LINE Payカードを発行している状況ならば、LINE Payカード番号はJCBカードとして認識されるので、JCBブランドのクレジットカード現金化と同じ手続きを行えます。

10万円以上のチャージを行う際には元々LINEアプリ上での本人確認が必要となり、最大100万円までの決済手続きが可能となるわけです。

本人確認前ならば10万円以内、本人確認済みならば100万円以内の現金化が可能となるからこそ銀行口座への出金による1日100,000円の縛りから開放されます。

クレジットカード現金化業者を使ったLINE Payカードの現金化は、換金率が75%~85%と手数料がそれなりに掛かってしまうものの一気に現金化出来るという点が大きいです。

最短即日で現金化出来る業者を選択すれば、LINE Pay残高をLINE Payカード経由で現金化することが出来ます。

まとめ

LINE Payを現金化するためには、LINEアプリ上でどのような契約内容となっているのか確認することが先決です。

本人確認が済んでいれば銀行口座経由での出金手続きとLINE Payカード及びセブン銀行ATM経由での出金を選択出来ます。

LINE Payカードを発行済みならば、更にJCBカードとして換金性が高い商品を購入して売却するか、現金化業者へ任せてまとめて現金化するという選択肢が広がります。

どの方法でLINE Payを現金化するか選ぶことは、手数料と手間・現金化したい金額の組み合わせにより選択肢を選べば良いだけです。

いざ現金化が必要となった時に、LINE Payならば複数の現金化方法が用意されていることを知れば、冷静に現金化手続きを進めることが出来ます。

自分で現金化する方法一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です