小切手を現金化する方法と現金化するときの注意点を公開!

小切手を現金化するには

いざ誰かから小切手を受け取ったとして、それをうまく現金化する方法がすぐに頭に浮かぶ方は少ないのではないでしょうか。

また、小切手は複数の種類が存在していて、それぞれ申請方法や現金の受け取り方法が異なります。

ここでは小切手の種類とその特徴、それぞれの現金化の方法について詳しく紹介していきます。

小切手の種類と特徴

小切手の特徴
そもそも小切手は、以下の3種類に分類することができます。

  • 持参人払式小切手
  • 線引小切手
  • 先日付小切手
ここからそれぞれの小切手の特徴について紹介していきます。

持参人払式小切手

この小切手は最も利用される頻度の多い小切手です。この小切手の場合、現金化する金融機関に制限がないので、どの銀行、信用金庫で現金化しても構いません。

その利便性の高さがこの持参人払式小切手の特徴と言えます。また、この小切手には受取人の名前が記載されないので受取人に制限がなく、誰でも窓口に持参すれば現金化することができます。

なかなか忙しくて誰か代わりに現金化の手続きをしてもらうことができるという利便性の面でのメリットがありますが、見ず知らずの第三者がこの持参人払式小切手を手に入れても現金化することができるというデメリットもあります。

線引小切手

この線引小切手の上部には2本の平行線が引かれていることが特徴的です。企業間のお金のやり取りにこの小切手が利用されるケースが多いです。

この小切手の特徴として、まず特定の金融機関でのみ現金化することが可能だということです。また、現金化する際に現金の受け取り方法はその金融機関の口座への振り込みという方法のみになります。

持参人払式小切手の場合は窓口で直接現金を受け取ることができましたが、線引小切手の場合はそれができないのです。

これによって盗難されたとしても、第三者が現金化しにくくなりますが、一方で現金化する場合には指定された金融機関の口座を持っている必要があることなどの制約が生じてしまうことがデメリットと言えます。

先日付小切手

先日付小切手は、小切手を現金化することができるようになるのが未来の日付になっている小切手です。

つまり、小切手を渡されてもすぐに現金化することができるようになるわけではなく、指定された日付以降に現金化が可能になるようになっています。

この先日付小切手は資金繰りの問題などで、現金の受け渡しを後日のお金があるタイミングで行いたい場合にこの先日付小切手が利用されます。

ただし、この現金の受け渡し日の指定に法的な根拠はなく、もし受取人が指定された日以前にこの先日付小切手を金融機関に持ち込んで現金化を強く要求した場合には金融機関側はこれを拒絶することができません。

もし指定日以前に小切手の現金化を行おうとすると、不渡りにつながってしまう恐れもあります。あくまでこの現金の受け渡し日の指定は当事者間の信用問題で成立するものです。

小切手の現金化の方法

小切手を現金化する場合には、その小切手をまず金融機関に持ち込みます。ここまででも紹介した通り、持参人払式小切手の場合はどこの金融機関に持ち込んだ場合でも現金化することが可能です。

しかし、線引小切手の場合は特定の金融機関でのみ小切手の現金化が可能となっているので、金融機関を確認した上で小切手を持ち込むようにしましょう。

また、線引小切手の場合は、特定の金融機関の口座への振り込みという形での現金受け取りになるので、その金融機関の口座が必要となります。

もしその金融機関の銀行口座を持っていない場合にはその口座開設からまずは始める必要があります。

もし持参人払式小切手の現金化で、現金を金融機関の窓口で直接受け取る場合には、現金を当日受けとることができます。

しかし、持参人払式小切手でも窓口で直接現金を受け取ることが出来ない場合があります。

例えば、小切手で取引される金額が大きな金額である場合がこれに該当します。この場合は受取人の銀行口座への振り込みという形で現金が渡されることになります。

ただし、この場合窓口で直接現金を受け取る場合と比較して、現金を受け取るまでの所要時間が長くなってしまいます。小切手の現金化を受け付けた金融機関の銀行口座への振り込みの場合は、所要時間は1日から2日となります。

もし受け付けた金融機関以外の銀行口座への振り込みを希望する場合はさらに所要時間が長くなり、2日から3日での振り込みとなります。ちなみに、土日祝日を挟んでしまうとさらに所要時間が長くなってしまうので注意が必要です。

小切手の現金化に必要となるもの

小切手の現金化のために金融機関に行く際には、小切手だけ持っていけばいいというわけではありません。それ以外にも印鑑が必要になります。

ただし、印鑑は実印やその金融機関の口座開設の際に利用した印鑑である必要はなく認印で構いません。

また、小切手から現金化される金額が10万円以上になる場合には、本人確認書類の提出を求められます。運転免許証、パスポート等を金融機関に持参するようにしておきましょう。

小切手を現金化するにあたっての注意事項

小切手を現金化するにあたってはいくつか注意しておかなければならないことがあります。

ここから紹介する注意事項をしっかりと守らなければ、うまく現金化できず、現金化に時間がかかってしまったり、最悪の場合、現金化が出来なくなってしまう恐れもあります。小切手の現金化における注意事項は以下のことです。

  • 小切手の有効期限に注意する
  • 先日付小切手の場合はいつからいつまで現金化できるか特に意識しておく
  • 小切手の管理には十分に注意する
  • 振り込みによる現金受け取りの場合は銀行口座に注意する
それではこれらの注意事項についてここから詳しく紹介していきます。

小切手の有効期限に注意する

小切手には実は有効期限があります。その有効期限は小切手の振出日の翌日から10日間という風に定められています。

つまり、小切手を受け取った日を含めて11日間ということになります。

ただし、その有効期限の最終日が金融機関の休業日の場合はどうしても現金化をしそこなってしまう人が多くなってしまうため、その場合には金融機関の翌営業日までということになります。

もし、この有効期限までに小切手の現金化の手続きが行われなかった場合には現金化できなくなってしまうケースもあるので注意が必要となります。

ただ、この有効期限を過ぎたら必ず小切手の現金化ができないという訳ではありません。振出人に支払い請求をすることができるので、これに応じてくれさえすれば、有効期限を過ぎていたとしても小切手を現金化することができます。

ただし、この支払い請求をすることに時間がかかってしまうので、なるべく早く現金を受け取りたいと感じている方にとってはやや不都合な状況になってしまいます。

もし、急ぎで小切手を現金化したいのであれば、この有効期限を必ず守るようにしましょう。

ちなみに、ここまで紹介してきた有効期限を過ぎても場合によっては小切手を現金化することができますが、6か月を経過すると小切手はただの紙切れになって完全に現金化することはできなくなります。

いくら有効期限を過ぎようともこの6か月の間には必ず手続きを行うようにしましょう。

先日付小切手の場合はいつからいつまで現金化できるか特に意識しておく

先日小切手を受けっとった場合にはいつからいつまでが現金化することができるのかを詳しく把握しておく必要があります。

先日付小切手では小切手に記載してある日付から現金化をすることが可能となっていて、有効期限は他の小切手と同じで振出日の翌日から10日間です。

ここまででも紹介しましたが、先日付小切手は、その指定された現金化が可能となる日以前でも現金化することが不可能ではありません。

しかし、小切手を発行した側からすればお金が準備されていない状況にあるので不渡りなどになってしまう恐れがあります。

こうすると両者のその後の信頼関係にも大きく影響してくるので、この現金化の期間は出来る限り守るようにしましょう。

現金の受け取りには時間がかかってしまう場合がある

小切手の現金化を急いでいる方も多いかと思いますが、小切手の現金化には時間がかかってしまう場合があります。

現金を金融機関の窓口で受け取ることが出来る場合には即日現金化することが可能ですが、振り込みによる現金の受け取りには少なくとも1日から2日程度はかかります。

場合によっては1週間程度時間がかかる場合もあるので、現金の受け取りをなるべく早くしたい場合には現金化の申請もなるべく早めに行うようにしましょう。

小切手の管理には十分に注意する

小切手の管理には十分に注意する必要があります。特に持参人払式小切手を受け取って現金化する場合には注意が必要です。

持参人払式小切手は小切手に受取人の名前が記載されておらず、金融機関に持参すれば誰でも現金化することが可能となります。

つまり、大きな損失につながる恐れがあるのです。もし、小切手を無くしてしまった場合、それを小切手の発行元に相談するとなると、先方との信頼関係が崩壊してしまう恐れもあります。ですから、小切手の管理には十分に注意しておく必要があるのです。

振り込みによる現金受け取りの場合は銀行口座に注意する

小切手の現金化の際に振り込みによって現金を受け取る場合には、その小切手の現金化を受け付けた金融機関の銀行口座を保有していなければ現金を受け取ることが出来ない場合があります。

スムーズに小切手の現金化を進めていくためには、小切手の現金化を申請する金融機関の銀行口座は持っておく方が無難です。

もし申請する金融機関の銀行口座を持っていない場合には前もって用意しておくといいでしょう。

このように小切手の現金化の前段階での準備も十分に注意して行う必要があります。そうすればスムーズに手続きを進めていくことができるでしょう。

小切手の現金化に手数料が必要となってしまう場合がある

小切手の現金化は場合によっては手数料が必要になることがあります。

例えば、金融機関の窓口で直接現金を受け取る場合には手数料は必要ありません。また、振り込みによる現金の受け取りも、小切手の現金化を受け付けた銀行口座への振り込みであれば手数料は必要ありません。

しかし、小切手の現金化を申請した金融機関とは別の金融機関の口座への振り込みを希望した場合には手数料が発生してしまいます。手数料をなるべく抑えたいと考えている方はこの点についても注意しておきましょう。

まとめ

小切手の現金化は、その小切手の種類によってどのような手続きをして、どのような方法で現金を受け取るのかが変わってきます。まずは自分がどの種類の小切手を持っているのかを十分に把握し、それに合った現金化の方法を行うようにしましょう。

自分で現金化する方法一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です