クレジットカード現金化と古物営業法の関係性とは?

クレジットカード現金化と古物営業法の関係性とは?

クレジットカード現金化は古物営業法と深く関わっています。これはクレジットカードで購入した商品を買い取って貰い、現金化することが一般的になるためです。

金券を含む商品の買取に必須になるため、一般の人は資格を満たした業者に買取を依頼することになります。

また、盗品の流通などを防ぐため買取時に身分証明が求められることが一般的で、身分証明が不要な業者は疑った方が良いケースがあるほどです。

金券などの買取には古物営業法が関わっている

金券などの買取には古物営業法が関わっている
金券や物品の買取は古物営業法に則って行う必要があります。古物営業法は盗品の流通を避けるために厳密化されていて、届出を行わなければ業務として営むことができないようになっています。

たとえば、フリーマーケットなどを通じて品物を販売するような範囲は、古物営業法には該当しません。

しかし、営利目的の仕事として商品の買取や販売を行う場合は在住の都道府県に届出を行い、許可を貰わなければならないのです。

業務目的でありながら許可を得ずに古物商としての営業を行えば、罪を問われる可能性があります。

たとえば、日常的に中古のアイテム購入し、転売などで繰り返して利益を出している場合は届出が必要になります。

これは継続して利益を出すことに事業性があること、利益を出すことによって課税が行われる可能性が出てくるためです。

なんども繰り返して商品を購入し、オークションなどで販売する場合は業務に該当するかしっかりと確認する必要があります。

せどりや転売などを行い、クレジットカードの現金化をしている場合は届出が必要か確認しないとトラブルになる可能性もあります。

一般的な人がクレジットカード現金化をする場合は許可の取得なども必要ありません。

しかし、無許可の業者と取引をすればトラブルになる可能性もあるため、情報をしっかりと確認することも大切になっています。

クレジットカード現金化は身分証明が求められるのが一般的

クレジットカード現金化は身分証明が求められるのが一般的
クレジットカード現金化は古物の取引に該当することがほとんどです。金券やブランドバックを買取する場合も、それが盗品でないかの確認が必要になります。

また、万が一のために身分証明書のコピーなどをとって保管する必要があり、現金化の際に免許証などが必要になる理由となっています。

リサイクルショップや古本屋などを利用した経験がある人は、身分証明証の提出を求められることも知っているはずです。

基本的に中古品の扱いや買取は古物の扱いに分類されるため、身分証明証なしで買取をして貰うことは難しいのです。

フリマアプリ等を利用すれば身分証名称の提示などが省ける場合もありますが、会員登録時に個人情報の登録などが必要なのはポイントになります。身分証明証なしでクレジットカード現金化は難しいのです。

スムーズなクレジットカード現金化を目指す場合はあらかじめどんな身分証明証が必要か、確認しておくのがおすすめです。

許可を受けていない業者を避けた方が良い理由は?

許可を受けていない業者を避けた方が良い理由は?
古物営業法を守るためには店の所在地の都道府県警に届出を行い、許可を貰う必要があります。

歴の有り無しなどがチェックされるようになっていて、規定を満たした場合に許可が発行されます。誰でもすぐに許可を受けられるわけでは無いのです。

許可を受けた場合は利用者が確認できるように提示しておくのが基本になります。インターネット経由で宅配買取や出張買取でさまざまな品物を売買する業者は増えています。

サイト上にどの都道府県から許可を受けているのか、許可番号まで含めて提示するのが一般的で、安心して利用できるかどうかの目安にもなってきます。

古物取り扱いに関する情報をサイト内などに提示するのは必須になっています。これはトラブル時の責任の所在を明確にするためです。

許可を受けていない、表示が曖昧な業者を避けるのも方法で、詐欺などを避けるためにチェックするのがおすすめになります。

しっかりとした表示があるかどうかで安心度が変わってきます。

クレジットカード現金化業者も提示していることが多い

無店舗型も含めたクレジットカード現金化業者も、古物営業法に基づく許可を提示することが多くなっています。

クレジットカード現金化がどうやって行われるか不安になる人も居ますが、多くは金券などを一度購入して貰い、それを現金化業者が買い取るという方式で成立しています。

そのため古物に関する許可はほぼ必須になっていて、一部の例外を除いて提示されるようになっているのです。

一部のクレジットカード現金化業者はキャッシュバック方式という、商品購入時に特典としてのお金をキャッシュバックする方式で運営されています。

この場合は古物の取り扱い許可は必要ないことになりますが、不安がある場合は直接業者に聞いてみるのも方法です。

クレジットカード現金化業者の中には顧問弁護士を雇って法律上の問題にも厳密に対処しているケースがあり、より安全性を求める人に選ばれる傾向があります。

本社住所が明確かどうか、古物取り扱いの許可があるかどうかなどを確認し、信頼できそうな業者に依頼する人もいます。

身分証明証のコピーやネット経由でアップロードすることは必須になるからこそ、用心をして損はないのです。

身分証明書は悪用されたりしないの?

クレジットカード現金化には身分証明証が必要になりますが、悪用を気にする人もいます。

ポイントになるのが、古物取引に扱い法律上必ず身分証明証が必要になることと、それ以外の目的に利用した場合は業者側が罪に問われる可能性が高いということです。

利用目的以外に個人情報を利用した場合、法律で裁かれる可能性が高くなります。

問題が生じれば本業に大きな影響が出る可能性が高く、違法な行動は避けるのが基本になるからです。

犯罪に関わってもメリットがないだけでなく、クレジットカード現金化を利用してから迷惑電話などが増えたといった評判が流れれば業者にとって死活問題になります。

そのため、身分証明証はあくまで保管の義務期間だけ保管を行い、義務期間を過ぎた場合は処分されるのが基本です。

処分方法も厳密になっているケースが多く、企業の信用の関わる部分になっています。

▼クレジットカード現金化についての身分証明書の扱いについて
クレジットカード現金化は身分証明書は必要? クレジットカード現金化の必要な身分証明書の種類とは?本人確認なしでクレカ現金化できるのか?

身分証明証が不要なところは確認もできないところ

クレジットカードを現金化する際、クレジットカードの情報を渡すことを不安に思う人もいます。身分証明証も必要となればなおさらです。

しかし、実際は身分証明書などの情報も不要なところは、取引に法的な根拠がないところや、トラブルに繋がる要素も多くなってしまうのです。

個人間の取引や各種許可をとっていない業者と取引を行った結果、詐欺に合ってしまうようなケースもあります。

より確実な取引をしたい場合は、古物営業の許可をとっているのか、身分証が必要か確認した方がいいのです。

自分が求められない場合は、相手側も身分証明を求められないケースも出てくるため、利用するサイトの特徴なども知っておく必要があります。

匿名性などを重視する取引サイトなども増えてはいますが、最低限必要な情報も取得しないクレジットカードの現金化は疑うのが基本です。

安全にクレジットカード現金化をしたいのであれば、実績のある大手クレジットカード現金化業者や、金券ショップなどを利用するのも方法になります。

見た目の換金率などよりも安全性を重視し、信頼できそうな業者に頼むのも方法だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です