家族名義や他人名義のクレジットカードで現金化は可能なのか?

家族名義と他人名義でクレジットカード現金化できるのか?

自分名義のクレジットカードを持っておらず家族カードだけしか持っていない人や、家族のカードを渡されている場合にも現金化はできます。

自分名義のカードのほうがリスクを低く簡単に現金化は可能なのですが、それがない人にも現金化できるルートは残っているのです。

家族名義のカードで現金化する方法やメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

家族のクレジットカードを現金化することは可能なのか

論から言えば家族のクレジットカードを現金化するこ
結論から言えば家族のクレジットカードを現金化することは可能です。自分名義のカードと違って少々手間はかかってしまいますが、不可能ではありません。

現金化の業者によっては家族カードでも契約できないという所もありますが、大抵のショップでは家族のクレジットカードでも受け付けてくれるでしょう。

しかしそれでもリスクが高くなったり、トラブルに発展してしまったりすることがあるので注意点を押さえていきましょう。

個人カードと家族カードの注意点

家族名義のカードには、個人カードと家族カードがあります。個人カードは家族の誰か一人の名義で、その人から利用を認められている人だけが使えます。

一方家族カードは一つのクレジットカードのショッピング枠を家族間で共有しているという扱いのカードで、家族それぞれにカードが渡されます。

ここで注意したいのは、個人カードを使う場合です。個人カードを使って業者で現金化しようとしたら利用の際に名義人へ連絡が行きます。

その時名義人に現金化しようとしている事を承諾してもらう必要があるのです。

名義人に現金化の許可をもらっている人は問題無いのですが、内緒で現金化したい時には注意しなければいけません。

家族カードであれば家族がショッピング枠で買い物をしたという扱いにしかならないので、特に問題なく利用できるでしょう。

ですが当然利用した記録は残りますのでいきなり高額を現金化して家族間のトラブルを発生しないようにしましょう。

他人名義や未成年では申し込めない

多くの業者ではトラブル回避のため、個人カードを名義人の家族でも現金化することはできないことがあります。

戸籍謄本などを持ち込んで家族の証明をしたとしても、規約で利用できない事になっています。その場合、個人カードは名義人本人でしか現金化ができないので先にショップの規約を読んで確認しておきましょう。

また、結婚していない人が「彼氏のクレジットカードを使って現金化したい」と考えた場合、名義人である彼氏が現金化を承諾していたとしても業者を利用することはできません。

いくら電話で本人確認できるとしても業者からすれば他人のカードを使っているという扱いになり、さまざまなトラブルを想定できるので利用を断られてしまうでしょう。

さらに確認できない場合は通報される恐れもあります。

現金化の業者を利用する時には家族カード以外で申し込まないように注意しましょう。

そして未成年の場合、クレジットカードの現金化は利用申し込み者が未成年である場合現金化を断られます。これは家族カードでも個人カードでも同じことです。

▼現金化の時の本人確認や身分証明者についてはこちらの記事で詳しく説明しています、
クレジットカード現金化は身分証明書は必要? クレジットカード現金化の必要な身分証明書の種類とは?本人確認なしでクレカ現金化できるのか?

家族のクレジットカードを業者で現金化する際の流れと注意点

家族カードで現金化が可能な業者では基本的に名義人へ連絡を行います。中には本人確認書類だけあれば現金化してくれる業者もありますが、その場合換金率が低かったり社会的信用も高く無い業者であることも多いので、名義確認をされるのが当たり前と考えて利用しましょう。

確認が取れたら後は通常通りの取引となりますので、それぞれの内容は各ショップの利用の流れを確認してください。

利用後は利用明細にきちんと記載されますので絶対にばれないというのは期待しないほうがよいでしょう。

とくに高額の現金化を希望している人の場合、カード会社から利用したその日に名義人へ確認の連絡が来るので即座にバレてしまう可能性が高くなります。

名義人確認の重要性

家族カードを持っていない人は現金化にあたって名義人確認がネックになってしまうでしょう。しかし現金化業者もトラブルのない取引と経営をするためには名義人の確認が必要不可欠になるのです。

もしも名義人確認をせずに現金化した場合、その分の支払いを行う際に名義人が「把握していないのでキャンセルしたい」となってトラブルに発展してしまいます。

お金に関してのトラブルは起こりやすいので現金化業者としても慎重に行わなければならないのです。

現金化業者も慈善事業で現金化を行っているわけではなく、ビジネスとして行っているので最低限のリスクは避けるはずです。

業者も信頼に関係することですので、きちんとした会社ほど名義人確認をしっかり行います。

信頼度が高い会社は利用者も多くなり、その分換金率が高くなりますので、結果的に利用者も安心して現金化することが可能になるのです。

現金化業者を使わない方法はある?

クレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化業者

それでは家族名義のクレジットカードでは現金化は不可能なのでしょうか?実はそんなことありません。

現金化業者を利用するだけが現金化の方法ではなく、ほかにも手間はかかりますがクレジットカードのショッピング枠を現金化することは可能なのです。

それは「自分で換金できる商品を購入して売る」という方法です。ショッピング枠で普通に購入できるので高額にならない限り怪しまれるリスクも低いでしょう。

よく利用されるのはAmazonギフト券や新幹線チケットです。幅広い需要があり、利用期限が長いものは換金率も高い傾向にあります。

特にAmazonギフト券はWEB上で購入・売却が可能なので現在の主流になっています。

買い物履歴はしっかり残る

自分で現金化する方法は名義確認の手間が無いので家族のカードで気軽に利用しやすい方法ですが、当然利用履歴は残ってしまいます。

1万円~5万円程度であれば「ギフト用に購入した」という言い訳もできるかもしれませんが、10万円以上になるとその言い訳も苦しくなってしまいますね。

そのため、現金化の際には「名義人に言い訳ができる範囲」を把握して利用しましょう。

慣れから来るトラブルに注意

現金が今すぐほしいという人の使い道は人それぞれだと思いますが、日常的に現金が必要となる人の場合「使いすぎ」に十分注意しなければいけません。

特に現金化することに慣れてしまうとさらに高額を現金化しようとしてしまい、名義人とのトラブルを引き起こしてしまいます。

名義人とのトラブルであれば話し合いなどで解決するかもしれませんが、クレジットカード会社が利用に不信感を抱いて調査することもあります。

その場合に現金化が発覚してしまうと不正利用と判断されてカード自体を停止させられてしまう可能性もあるのです。

特にギフト券の現金化の場合、いちいち小さい金額を購入するのが面倒になっていきなり高額を購入してしまうとその時点で名義人に連絡が入る事もあります。

慣れてしまって使いすぎてしまわないようにメモをしながら利用するようにしましょう。

家族のクレジットカードでも現金化は可能

結論としては家族のクレジットカードであればショッピング枠の現金化は可能になります。しかしそれにはリスクがいくつか伴ってしまいます。

すぐに現金を手にすることができるのが大きなメリットではありますが、それに関連するリスクの大きさはデメリットになるのです。

そのため、家族のクレジットカードを利用する場合には名義人に相談して行うことが一番の解決法や対処法になるでしょう。くれぐれも使いすぎには注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です