電子マネーを現金化する方法とは?現金化できる種類や業者は?

電子マネーを現金化する方法

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法の1つとして、電子マネーを利用した現金化が考えられます。

とは言え電子マネーは基本的に払い戻しができない仕組みとなっているため、簡単には現金化できないのも事実です。

やり方がわかりにくい面もある電子マネーの現金化について、それぞれの方法ごとに注意すべきポイントと合わせて解説します。

電子マネーを利用したクレジットカード現金化とは?

電子マネーを利用したクレジットカード現金化とは?
電子マネーは現金代わりの支払手段として広く普及している決済方法の一種で、 Suicaに代表される交通系ICカードや楽天Edy・WAON・nanacoなど多くの種類があります。

プリペイド型の電子マネーでもクレジットカードを使ってチャージできるため、ショッピング枠を現金化する手段としても利用されてきました。

後払いのポストペイ型電子マネーも含め、電子マネーを使った現金化には他の方法にないメリットがあります。

電子マネーを利用したクレジットカード現金化のメリット

クレジットカードのショッピング枠を自分で現金化しようとする場合には、商品券や新幹線回数券など換金性の高い商品が選ばれがちです。

そうした商品はカード会社に換金目的での購入だと判断されやすく、利用規約違反と見なされて代金の一括請求や利用停止・強制退会などのリスクがあります。

クレジットカードを使って購入した商品は代金が完済されるまでカード会社の所有物と見なされるため、勝手に売却した場合は横領罪にも問われかねません。

その点で電子マネーを間にはさんだ現金化なら法的リスクが低く、カード会社にも換金目的だと気づかれにくいというメリットがあるのです。

現金化が可能な電子マネーの種類

電子マネーを現金化する方法
電子マネーには事前のチャージが必要なプリペイド型と、チャージ不要で使える後払いのポストペイ型の2種類に大きく分けられます。

交通系ICカードではSuicaやPASMOが、流通系では楽天Edyやnanaco、WAONといったところが代表的なプリペイド型の電子マネーです。

クレジットカードと紐付けて決済されるポストペイ型の電子マネーには、iDやQUICPayなどの種類があります。

主な電子マネーのチャージ上限額

電子マネーを使ったクレジットカード現金化には前述のようなメリットがある一方で、プリペイド型の場合はチャージに上限額があるという点はデメリットです。

楽天Edyやnanaco、WAONなど流通系の電子マネーはチャージ上限額が50,000円という例が多く、交通系のSuicaやPASMOは20,000円までしかチャージできません。

1回あたりのチャージ限度額が電子マネーごとに異なる点にも注意が必要です。

電子マネーを使った現金化は高額の現金を用意するのに不向きな方法と言われていますが、複数の電子マネーを個別に現金化することで、まとまった金額の現金を用意できる可能性も残されています。

交通系電子マネーを使った現金化の方法

交通系電子マネーを使った現金化の方法
電子マネーを使ったクレジットカード現金化の手順や換金率は、電子マネーの種類によって異なります。

基本的には払い戻しができない電子マネーの中で、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードは例外的に払い戻しが可能です。

Suicaの場合は駅にある緑の窓口でカードを返却して払い戻しの手続きを行うことで、チャージした金額とデポジット分の500円が現金で返金されます。

交通系電子マネーを使った現金化の注意点

交通系電子マネーの払い戻しによるクレジットカード現金化は、100%の換金率が実現できる点が最大のメリットです。

とは言え払い戻し手続きを行うには駅の窓口まで直接出向く必要がある上に、手続きにも手間がかかります。

交通系電子マネーの種類によっては払い戻し金が指定口座に振り込まれる仕組みとなっていて、現金化まで日数を要する場合もあるという点には注意が必要です。

電子マネーで購入した商品を返品して行う現金化

SuicaやPASMOはコンビニなどの買い物にも利用できるため、楽天Edy・WAON・nanacoといった流通系電子マネーと同じやり方での現金化も可能です。

この場合の最も手っ取り早い現金化の手段としては、チャージ済みの電子マネーを使って購入した商品を返品するやり方が挙げられます。

通常は返品に伴う返金が電子マネーへのリチャージという形でなく現金で行われるため、結果的にクレジットカードの現金化が実現されるのです。

返品処理による現金化の注意点

店頭でいったん購入した商品の返品手続きも交通系ICカードの払い戻しと同様に、100%の換金率で現金化できる点はメリットです。

とは言え返品手続きは店舗側にも余計な仕事を増やす結果となって迷惑がかかるため、そう頻繁に使える手ではありません。

返品を申し出る側にも精神的なストレスがかかる上に、店によっては必ずしも現金で返金されるとは限らない点にも注意が必要です。

電子マネーで購入した商品の買取による現金化

電子マネーを利用した現金化で払い戻しや返品よりも精神的な負担が少ない方法としては、購入した商品をリサイクル店などに買取してもらって換金するやり方が考えられます。

これは一般的なクレジットカード現金化の買取方式に相当するため、必ずしも電子マネーを間に入れる必要がないように思いがちです。

ギフト券やブランド品・人気ゲーム機など換金性が高い商品を購入して買取に出した場合でも、電子マネーを間にはさむことでカード会社に発覚しにくいというメリットがあります。

商品買取による現金化の注意点

電子マネーで購入した商品を買取に出すクレジットカード現金化は、電子マネーを間に入れない買取方式の現金化より安全性が高いと言えます。

交通系ICカードの払い戻しや流通系電子マネーを使った返品と比較した場合には、商品買取だと換金率が下がってしまう点がデメリットです。

よほど需要の高い商品を使わない限り、通常だと換金率100%というわけにはいきません。

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば換金率を高くすることも可能ですが、現金化まで日数が必要で出品や発送に手間がかかるというデメリットがあります。

電子マネー専門の現金化業者を利用

電子マネーを利用してクレジットカード現金化を行うもう1つの手段としては、電子マネーを専門に扱う現金化業者を利用するやり方が挙げられます。

電子マネーを自分で現金化する方法はどれも手間がかかり、手続きに慣れていない人は面倒に感じるものです。

一般的なクレジットカード現金化業者ではチャージ済みの電子マネーは取り扱っていませんが、電子マネーを専門に買取している業者も存在します。

そうした業者を通すことでスピーディーに手続きが進められ、即日の現金化も可能となってくるのです。

電子マネー専門の現金化業者を利用する場合の注意点

最短即日で電子マネーの現金化が可能な点は専門業者を利用する最大のメリットですが、換金率が70%程度に下がってしまう点には注意が必要です。

運営会社の所在地や連絡先が明確でない業者を利用した場合には、詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

専門業者を利用して電子マネーの現金化を行う場合には事前に業者の会社概要や評判を調べた上で、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

電子マネーを現金化する方法まとめ

電子マネーを利用してクレジットカード現金化を行う方法には、以上のようにさまざまな手法が考え出されています。

自分で電子マネーを現金化するやり方は、いずれも手続きを進めるのに手間がかかる点が共通の特徴です。

時間や手間をかけてでも換金率を高くしたいという人は、電子マネーの払い戻しや購入商品の返品・買取といった方法が向いています。

換金率よりも即金性や簡便性を優先させたい場合は、専門業者を利用するのが無難な選択肢です。

\おすすめの現金化業者!/

クレジットカード現金化業者ランキング

自分で現金化する方法一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です