クレジットカード現金化よりも便利で簡単?キャリア決済での現金化はどんなサービス?

キャリア決済で現金化

現金化で調べてみると最初に出てくるのはクレジットカードを使ったクレジットカード現金化です。

確かにクレジットカード1枚あれば審査無しに現金を用意して貰えるので利用者も多くて、検索に引っかかるのも分かります。

しかし、年齢や職業柄等理由は違えどクレジットカードを持てない人は少なからず出てきます。

もしもクレジットカードを持てなかったら現金化出来ないのでは?と一瞬思うかもしれませんが、実際はクレジットカード以外にも現金化する方法は存在します。その内の1つがキャリア決済現金化です。

キャリア決済は利用する機会も多いので名前だけは聞いた事はあってもどうやって現金化するかまでは文字だけだとイメージ出来ないでしょう。

今回はキャリア決済を使った現金化について解説していきます。

サービス内容や現金化するまでの手段等を取り上げ、今後キャリア決済現金化をする事になっても役立つ知識を紹介していきます。

キャリア決済現金化とは何か?メリットとデメリットは?

キャリア現金のメリットとデメリット

キャリア現金のメリットとデメリット

最初にキャリア決済現金化について解説していきましょう。

キャリア決済現金化とはキャリア決済で商品を購入、購入した商品を元に買取もしくはキャッシュバックで現金を用意してもらうサービスです。

過去にクレジットカード現金化を利用した事があるならクレジットカードの部分がキャリア決済に変わったと思えばイメージはしやすいでしょう。

キャリア決済現金化も基本的には現金化業者に依頼して現金化する事になります。

現在はキャリア決済現金化をメインとしている業者も多いので依頼するのは簡単です。特にネット営業を主体としているのが多いので、スマホからでも利用しやすいです。

キャリア決済現金化も行うならネットからの利用を考えても良いでしょう。次にキャリア決済現金化のメリットとデメリットについても解説していきます。

どの現金化でもメリットとデメリットは存在し、キャリア決済現金化も同様です。メリットとデメリットを事前に理解した上で現金化を利用する必要があります。

メリット

キャリア決済現金化のメリットは「審査不要で利用出来る」

キャリア決済現金化はキャリア決済出来る携帯電話とキャリア決済の枠(=利用出来る金額)さえ確保していれば審査は不要です。

そもそも現金化自体が借り入れでは無いので、審査の必要性がありません。

次のメリットとして「クレジットカードを持っていなくても利用出来る」キャリア決済現金化で必要なのはキャリア決済出来る携帯電話とキャリア決済の枠です。

クレジットカードを持っているか否かはキャリア決済現金化においては関係ありません。つまり、クレジットカードを持っていなくても利用出来る事になるので、クレジットカードを持っていない人でも現金化出来ます。

デメリット

キャリア決済現金化のデメリットは「返済方法は実質一括のみ」

クレジットカード現金化だと分割・リボ払い等別の方法で決済に対応可能としている事が多いです。しかし、キャリア決済現金化だとキャリア決済の性質上、支払い方法は携帯料金と纏めてのお支払いになります。

つまり、クレジットカードで言う所の一括払いしか使えない事になります。

現金化とは言え、キャリア決済を使っている事に変わりは無いので支払い義務は当然発生します。

しかし、金額が高すぎると携帯料金の支払いに支障が出る恐れも高くなります。もしも、払えなくなったら携帯会社とは強制解約に加えて、信用情報機関にも登録と重いペナルティーを払う事になります。

次のデメリットとして「利用限度額は決まっているので大金での現金化は難しい」

キャリア決済で使える限度額は現金化とは関係なくキャリアの方で決められています。その限度額も契約者との契約期間を元に決められていますが、どのキャリアでも最大10万円までと決まっています。

つまり、10万円以上の現金化はキャリア決済だと難しいと言う事になります。1万円以下や数万円程度の少額の現金が欲しい時ならキャリア決済現金化にも出番はあります。

しかし、10万円以上になると2台持ちする等でもしないとキャリア決済で現金化するのは難しいです。

キャリア決済現金化の平均相場は幾ら?自分だけでもキャリア決済現金化は可能か?

キャリア決済現金化で貰える現金も業者の換金率を元に用意されます。しかし、クレジットカード現金化に比べるとキャリア決済現金化の換金率は少なめな傾向にあります。

平均相場で言うと約65~75%の数字となり、得られる現金は少ないです。それに加えて、業者によってはキャリア決済で購入した商品の送料や現金化した現金の受取用口座への振込手数料も請求する事もあります。

手数料が発生する業者だと受取可能な現金は更に減ってしまうでしょう。

しかし、全部のキャリア決済現金化業者が上記の数字で設定されている訳ではありません。一部の業者ではキャリア決済現金化でも80%以上で設定している場合もあります。

更に、キャンペーン等を設けて通常よりもお得に現金化出来る方法を用意している事もあります。キャリア決済現金化をする際にはキャンペーン等が用意されているかも見ておくと良いでしょう。

キャンペーンがあれば低い換金率を補えるチャンスも出てくるからです。

次にキャリア決済現金化を現金化業者を使わずに自分だけで現金化出来るかについても解説していきましょう。現金化と言っても元を辿れば商品を売って現金にする事に変わりはありません。

なので、自分で現金化しようと思えば可能ですが、その場合だと業者に依頼するよりも多くの手間が必要になります。

最初に商品の用意しますが、この商品選択も自分で選ばないといけません。ただ用意すればいいのではなく、換金性の高い商品をキャリア決済で購入しないといけません。

また、キャリア決済でのお買い物は実質ネットショッピングに絞られます。つまり、購入した商品が手元に掛かるまで数日掛かります。今すぐ現金化したいとなっても商品が来ない限りは無理です。

商品を用意出来たら次は現金化業者を見つけないといけません。一見すると自分で決められるので選択肢が増えて喜ばしいかもしれません。それも間違ってはいませんが、その為には情報収集も必要です。

買取率は当然として、営業時間やお店へのアクセス方法等もチェックしないといけないので手間も予想以上に増えます。宅配買取でネットからの買取申込も方法としてありますが、それならキャリア決済現金化業者に頼んだ方が手間が少なかったとなる事も珍しくありません。

現金化業者を使わずとも自分でキャリア決済現金化は出来るのは確かですが、最終的には現金化業者の力を借りる事にも変わりありません。

それならばキャリア決済現金化業者に依頼した方がオススメです。

業者指定の商品を変えば良いので選ぶ必要も無い上に早ければ申込の当日中には現金が手に入るので、手間が非常に少ないです。

他にも気になるキャリア決済現金化の気になるポイント

ここからはキャリア決済現金化の際で気になる部分として挙げられやすいポイントについても解説していきましょう。

これらのポイントもキャリア決済現金化をする上では覚えておいて損はありません。

キャリア決済現金化はMVNO(格安スマホ)は対応していないの?

キャリア決済はドコモ・au・ソフトバンクで使えるサービスとして提供されていますが、近年では楽天モバイル等格安スマホでもキャリア決済を開始している会社も増えてきています。

しかし、キャリア決済の名前こそ同じでも肝心のサービスに関しては別物です。

現在はGoogle play等のアプリストアでの購入の際に携帯料金と一緒に決済出来る程度しか使えず、大手キャリアのキャリア決済に比べて利用出来る場所は少ないです。

当然、キャリア決済現金化業者も一部の場所でしか使えない格安スマホのキャリア決済は最初から対象外としています。

つまり、格安スマホユーザーではキャリア決済現金化は出来ないです。どうしても現金化したければ大手キャリアと契約してキャリア決済を使えるようにしないといけません。

換金性の高い商品って具体的には何?

キャリア決済現金化で購入する商品は換金性の高い商品ですが、具体的に何を買うかは業者で違ってきます。

家電やゲーム機等キャリア決済でも購入しやすい商品なのもあれば、現金化業者の関連会社が販売しているプライベートブランド商品(アクセサリーやパワーストーン等)を購入する事もあります。

近年ではAmazonギフト券を購入して、それを元に現金化すると言う現金化業者も増えてきています。

どんな商品で現金化するかもHPに書いてある業者もいますが、気になる場合は事前に問い合わせてみるのが良いでしょう。

キャリア決済現金化を店頭で行っているお店はあるの?

クレジットカード現金化だと東京や大阪等一部の地域で出店して店頭でも現金化出来るようにしている現金化業者も少なからず存在します。

キャリア決済現金化も出店して店頭でも現金化出来るようにしている業者も存在しています。しかし、クレジットカード現金化業者よりも少なくて極わずかな状態です。

そもそもキャリア決済現金化自体、ネット主体での営業を前提としているサービスとしての面が強いです。また、クレジットカードと違ってキャリア決済だとネットショッピングでしかまともに決済出来ないです。

更に言えば、ネットなら日本全国で利用出来る上に申込だけなら24時間可能に出来るので出店するメリットが殆どありません。

キャリア決済現金化に関しては実店舗での利用は最初から無いと思って、ネット営業している業者を探した方が良いです。

デメリットは少しあるけどクレジットカードを持っていなくても利用出来る利便性は高い

クレジットカード現金化に比べて支払い方法も一括のみで利用出来る金額も少ないとクレジットカードに比べてメリットが少なく見えるでしょう。

むしろデメリットの方が目立つ現金化に見えるかもしれません。

しかし、クレジットカードを持っていない人からすればキャリア決済に対応している携帯が1台あれば現金は用意してもらえる事に変わりありません。

カードを持っていなくても利用出来る現金化手段としては魅力的です。また、使い方もキャリア決済現金化に絞って現金化する以外でも使えます。

例えば大金が必要な時はクレジットカード現金化、少額の現金が欲しい時はキャリア決済現金化と使い分ける事だって出来ます。

キャリア決済現金化も使い方次第では簡単に現金も手に入れられて、急に金欠になったとしても現金化で解決も可能です。

今回解説したポイント及びメリットとデメリット等も踏まえながら、今後の生活に支障が出ない範囲でキャリア決済現金化を始めていきましょう。

自分で現金化する方法一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です