ブランド品や時計でクレジットカード現金化はできるの?還元率はどれくらい?

ブランド品や時計をクレジットカード現金化

クレジットカードは持っているけれど現金が必要になる場面は多いと思います。そんなとき、クレジットカードのショッピング枠を現金化できたらとても心強いですね。

ショッピング枠を現金化するにはさまざまな方法がありますが、その中でもすぐに現金化できるおすすめの方法がブランド品や時計を買ってそれを換金する方法です。

しかしブランド品や時計なら何でもいいというわけではなく、より換金率を高くするためのポイントがいくつかあるのです。無駄なく現金化するためのポイントをご紹介していきます。

どのようなブランド品が現金化に向いているのか

ブランド品と一口に言っても世界中に多様なジャンルのブランドが存在しています。その中のどれでもが現金化に向いているわけではありません。

現金化する時には「換金率」が重要なのですが、ブランドによってはこの換金率が低くて逆に損をしてしまうことになるのです。

例えば、10万円で購入したブランドバッグも3万円にしかならないというケースも珍しくありません。そうなったら残りの7万円分損をしてしまいます。最低でも7万円程度には現金化したいものです。

ブランド品で損のない現金化をするために抑えておきたいポイントは2つです。

人気ブランドの把握をしよう

まずは現在どのようなブランド品が流行しているのかを把握しましょう。ブランド名はもちろん、アイテムのジャンルや品名もチェックしておきましょう。

人気商品は口コミサイトや中古販売ショップでもすぐに売れてしまったり、注目商品として紹介されていたりするアイテムや、買い取り価格が高いものが参考になります。

また、オークションサイトやフリマアプリでブランド名を検索してみて実際に売れているものを確認することができるので、同じアイテムやシリーズを探して購入するのがおすすめです。

ファッション誌やSNSなどで情報収集したり、実際に質屋や中古ショップなどで市場調査したりと人気ブランドを知るためにもたくさんの手段があります。現金化する時だけでなく、日頃からブランド品の知識を増やしておくといざという時に便利です。

ハイブランドだから良いというわけではない

ブランド品を現金化する時に注意しておきたいのは「人気のブランドでもアイテムによっては換金率が下がる」ということです。世界中の人に人気のエルメスやシャネルですが、高い人気を誇るのはやはり財布やバッグなどのアイテムです。

商品の中にはスカーフやキーケースなど安くて手に入りやすいアイテムもあるのですが、これらは財布やバッグに比べてやや人気が下がる傾向にあるのです。

普段ブランド品をあまり手にしないという人が注意しておきたいのは、さらに「色」と「素材」です。同じハイブランドのバッグだとしても、色や素材によって値段が大きく下がる原因となります。

その年の人気色がホワイトなのにピンクを購入してしまうと望み通りの金額を手にすることはできませんし、素材に至っては同じ牛革でもすぐに覚えきれないほどの種類があります。

少しでも高くしたいのであれば、こういった細かい部分の人気もきちんと把握しておきたいところです。

時計で現金化する場合はどのブランドがおすすめ?

時計の場合、バッグやアパレルブランドと違って高い換金率になるブランドはある程度決まっています。時計はしょっちゅう買い換えるものではなく、一つを長く使うという傾向にあるアイテムだからです。

時計は年齢や男女を問わず需要の高いアイテムですし、アパレルに比べても劣化も激しくありません。さらにサイズ展開や人気カラーなどの大きな違いもないため換金率も安定しているという理由があります。

また、時計は実用でもありコレクション用としても人気のアイテムですので、アパレルブランドに明るくない人は時計を選ぶ方をおすすめします。

高い換金率にするポイント

時計で高い換金率を求める場合おすすめしたいのはやはり多数の人に人気があるロレックスやオメガなどを選んだ方がいいでしょう。時計ブランド自体は国内外に多数ありますが、現在でもこの2つは時計ブランドの代表として君臨しています。

そのため需要も高く換金率も高くなります。また、取扱いショップも多数あり人気アイテムも手に入りやすい傾向にあるのでおすすめです。

買い取りショップの中には「壊れている時計も歓迎」という文言を掲げている所もあります。ですが高い換金率を期待できるのは当然可動品ですので、割高になっても問題なく可動するものを選んだほうがいいでしょう。

場合によっては修理費でマイナスになってしまったり、無料引き取り、数千円にしかならなかったり期待に全く沿わない結果になるので故障品を選ぶ事はやめましょう。

ブランド品や時計でクレジットカードを現金化する場合の注意点

ブランド品でクレジットカードを現金化する時にはより高い換金率となるポイントをご紹介します。細かいポイントではありますが少しでも高い金額を手にするためにも気をつけておきましょう。

普段ブランド品を扱わない人が見逃しがちなポイントもあるので、よく読んで確認してください。

付属品を揃えておく

ブランド品にはさまざまな付属品があり、それら全てがブランドの商品となります。例えばギャランティカードやショップのカード、説明書など購入した際にはもれなく付属されています。

特にギャランティカードはブランド品である事を証明するものですので何はなくても絶対にそろえておきたいものです。

時計やアパレル小物であれば、箱とその中身も忘れずにしておきましょう。ブランド品の調整するものやメンテナンスの際に必要となるものも付属されています。

また、ブランドの箱もブランド品には欠かせない存在です。箱あり・なしでは値段に影響があるくらい大切なものなのです。特に時計は箱が必須と言われているものもあります。

ギフト用であれば包装紙や紙袋、リボンなども換金率アップに繋がる事もあります。ブランド名が刻印されているものは全て付属することをおすすめします。

本物であること

ネットショップでブランド品を購入する場合、ハイブランドであるほど偽物が出品されている可能性が高くあります。そのため、換金するために安いブランド品を買ったら偽物で換金できなかったというケースが増えています。

正規の値段だとしても偽物という可能性もありますのでハイブランド品を購入する際には出品者の情報を確認したりして偽物を手にしないようにしましょう。

▼悪徳なクレジットカード現金化業者もいるので注意しよう!
悪徳クレジットカード現金化業者の詐欺の手口 悪質なクレジットカード現金化業者の詐欺の手口を大公開!

状態が良い事

やはり換金率が高いものは美品です。使用や見た目に影響のない程度の傷であれば考慮される事もありますが、見た目にもわかりやすい傷や汚れがあると換金率はかなり下がってしまいます。

アパレル商品であれば縫い目のほつれ、表面のスレ、変色、金属パーツの傷などに注意し、時計であれば黒ずみやガラス面の傷、曇り、ベルトの状態などに注意しましょう。

中古で購入する際はこういった部分に注目して選んでください。

ショッピング枠が空いている人におすすめ

ブランド品や時計は現金決済よりもクレジットカード決済のほうが普通ですので、ショッピング枠を使って購入することは特に疑問視されません。

現代ではネットショップを中心にハイブランドでも気軽に購入しやすくなっています。残っているショッピング枠を活用して現金を手にしたい場合、一番簡単な方法と言ってもいいかもしれません。

少し時間のかかってしまう方法ではありますが、確実に少しでもお金が欲しいと考えているならおすすめの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です