クレジットカードの現金化の仕組みを利用前に知っておきたい!メリットやデメリットは?

クレジットカードの現金化、これ何も知らない人が見たら、クレジットカードを売って現金にするのと思ってしまうかもしれません。

でもそうではなくて、クレジットカードのお買い物枠を利用して、現金を手に入れるという方法なのです。

その仕組や、利用前に気をつけておいたほうがいいことなど、現金化初心者にもわかりやすくご紹介しましょう。

クレジットカードの現金化は利用可能なカードさえ持っていれば出来る

クレジットカードで買物をする、これはカード利用者なら当たり前のことです。

先に品物を受け取って、後でクレジットカード会社に支払いをするので、ある意味借金して購入しているようなものですね。

でも購入後の支払いが可能という人間だけが持てるクレジットカードですので、逆に持っていることがステータスになるわけです。

この買い物できる、支払いは後というシステムを利用して、クレジットカードの現金化は行なわれます。

特に、急にお金が必要になったけど、ローン会社はあまり利用したくない等の場合、便利に使うことが出来ます。

また、ローンを利用するほどの金額でもないので、と言う場合にも面倒なく手早く入金してもらえるのが、この現金化なのです。

冠婚葬祭のうちでも、特に葬は何時知らせが来るかわかりません。

知らせが来た時に現金が手元にない、銀行にもあまり残り香という時など、このクレジットカードの現金化を覚えておくと、大変にお役立ちです。

■関連記事
⇒『ブランド品や時計でクレジットカード現金化はできるの?還元率はどれくらい?

クレジットカードを利用しての現金化は大別して2種類

クレジットカードの現金化の方法は、2種類あります。実は片方は法律に引っかかることがあるので、利用前に注意しなくてはいけません。

品物を購入して業者に買い取ってもらう買取方式

クレジットカードを利用して品物を購入、その後買取業者に買い取って貰う方法です。ブランド品や新幹線のチケット、金券などが人気ですね。

業者を利用した場合、この品物を購入してほしいという注文に従ってのか買い物になります。

一見どうということにないように見えるこの方法ですが、実はこれ法律での問題が起きる場合があるのです。

というのも、クレジットカードでの買い物というのは、実際にその場で代金を支払っているのはクレジットカード会社なのですね。

つまり、その品物の所有権はまだ、お金を支払ったクレジットカード会社にあるわけです。カードの支払期限が来て支払って、初めて自分の持ち物になるわけです。

その後に買取をしてもらうなら、特に問題はありません。古物商営業許可を受けている業者なら。問題なく取引が出来ます。

しかし急いで現金が必要になった場合、業者指定の買い物をしてすぐに売りに行くということになります。

この場合、所有権はまだクレジットカード会社にあるのですから、人のものを売ってしまうということになります。これは犯罪になってしまいますね。

なのでこの方式での取り引きをしている業者はおすすめできません。また実際このやり方での取り引きは、少なくなっているのも事実です。

急にお金が必要になってつい、ということもありますが気をつける必要がありますね。

また1回だけならまあともかく、何度も繰り返した場合クレジットカード会社の方からも目をつけられる可能性があります。

新幹線の回数券やブランド品の購入が頻繁になると、これは転売しているなと会社側も見当をつけてくるのですね。

カードが利用停止になる可能性もあるので、これまた注意が必要です。

新幹線のクレジットカード現金化についてはこちらから
⇒『新幹線の回数券をクレジットカード現金化はできるの?

品物を業者から購入してキャッシュバックを受ける

これが現在主流の、クレジットカードの現金化の方法です。

まず業者に申し込みをして、何かの品物を業者からクレジットカード利用で買い取ります。

その品物の購入特典のキャッシュバックという形で、現金を受け取ることになります。

これは他の見方をすれば、品物を購入してもらうポイントと同じ形になりますので、法に触れるようなことはありません。

安心して現金化が出来ることになります。またネットや電話での申込みなら、早い業者だと10分程度で現金を振り込んでくれます。

急いでいる時には最も安全で早い現金化の方法です。

ただこの場合、換金率はあまりいいとは言えません。サイトトップに98%などとなっている業者も多いのですが、初回だけという場合もあります。

またここから業者への手数料や、銀行振込手数料など引かれることもありますので、実際には80%程度が平均ですね。

申し込みの前によくサイトをみて、比較してみてください。

クレジットカードの現金化って自分でもできるのでは

キャッシュバック方式は流石に、自分でやることは不可能ですが、買取方式なら自分でできないことはあありません。

実際ちょっとした時に、無意識にこれをやっていることもあるのです。

例えば、みんなで飲みに行った時に支払い時、現金が足りないのが判明することありますね。

結果自分がまとめてクレジットカードで精算するので、他の人の分は自分に現金で支払ってくれという形で支払ったことないでしょうか。

これもある意味、無意識での現金化です。

これを意識的にやれば、自分でも現金化は可能です。しかし現金化しやすい品物を重ねて購入すれば、クレジットカード会社の目に止まります。

また前述したように、まだ支払いの終わっていない品を転売すれば、法に触れます。

それを避けようとした場合、時間がかかりますし急場はしのげません。特にオークションなどで売る場合、時間がかかります。

本当に今回だけという場合以外は、自分での現金化は避けたほうがよろしいですね。

現金化する時の業者の選び方は

信用できる実績のある業者を選ぶ、これが特にお金の絡んだ時には必須になります。

クレジットカードの現金化についても同じことで、まず実績のある、ある程度の年数営業している会社であることを目安にしてください。

次に、古物商認可を受けているかどうかです。
これは古物、1回でも人の手に移れば新品でも古物になりますので、取り引きを認められている業者であるかを見極められます。

キャッシュバック方式でも買取方式でも、この認可のある無しが業者の信用をはかる一つの目安ですので、必ず確認してください。

もちろん換金率も大切です。ただ手数料など引かれて結果換金率がぐっと下がってしまうこともあります。

公式サイトをよく見てみると、この銀行なら振込手数料が無料とかの記述もあります。そういった点も把握して、その後業者を決めるのがおすすめです。

クレジットカードを利用しての現金化まとめ

クレジットカード現金化というのは、やり方によっては問題も起きますが、それ以外だと手早く簡単に現金が手に入れられる方法です。

必要なものは、利用可能なクレジットカードだけです。ローン会社を利用するときのような、保証その他は必要ありません。

なので急に現金が必要になった時、特に少額だった場合などは気軽に利用することが出来ます。キャッシュバック方式を採用している業者でなら、素早く安全に現金が手に入るのですね。

ただあくまでも覚えておいて欲しいのは、手に入る現金は換金率によって左右され、そしてもちろん購入金額よりも少ないということです。

加えて、その時点ではクレジットカード会社に代行して支払ってもらい手に入れた品物ですので、その後支払いを求められるということです。

この2点を忘れずに、手軽だからと乱用さえしなければ、急場には大変にお役立ちで便利なのがこの現金化です。賢く利用して、急場をしのいでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です